ペレットストーブの良さ

大幅な工事不要

薪ストーブに比べると簡単に設置が可能
メンテナンスも基本的にお客様で可能です
加熱防止装置や耐震装置もついているので安心です

癒し効果

オレンジ色の炎のゆらぎは見る人に
安らぎと癒しの時間を与えます

遠赤外線

遠赤外線効果で身体を芯から暖めてくれます
外の空気を取り込み、炉内で燃焼させ、屋外に排気するので室内の空気を汚さず、お肌の乾燥も防ぎます

ペレットストーブへの想い

2011年3月11日。東日本大震災が発生しました
大学で4年間、福島県郡山市にいた僕は福島はもちろん
東北にも友人がおり、居ても立ってもいられなかった事を記憶しています
震災以降、エネルギーの「在り方」が見直されてきました
そんな中、「いち燃料店として何かできることはないか…」そんな時に偶然出会ったのが
「ペレットストーブ」でした

施工事例・お客様の声

ペレットストーブのいいところは、火を見るとホッとするところ。
そして、石油を使わないことですね。
寒い冬に重い灯油を買いに行くのが大変で嫌でしたし
給油に失敗した時の臭いも嫌でした。
でも、木質ペレットを燃料に使うペレットストーブなら
臭いがしないので、嬉しいですね。
石油ストーブとは違う暖かさがあり
家族が自然と集まり団らんするようになりました。
こんな生活に憧れていたので、ペレットストーブにして本当に良かったと思います。
MT-311は素晴らしいです。
設置していただいた部屋は1時間ちょっとで 室温が15度から22度以上になります。
火をつけると猫がいつの間にかやってきて、 ストーブの前を離れません。
岡山までお出でいただき、ありがとうございました。
今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします。

商品紹介

ペレット(燃料)への想い

「ペレットストーブ」に出会い
ペレットストーブのことを 知れば知るほど惹かれていきました
それはペレットストーブが 「エネルギーの地産地消」「雇用創出」を実現できる 可能性を秘めているからなんです
石油はご存じの通り海外から輸入しております
ということは、石油の生産や運搬のコストはもちろん
「雇用」も海外で発生していることになります
海外で生産したものを国内で消費する
いわゆる「外産地消」です
ほんの60年前まで、私たちの暮らしと森林は切っても切れない関係にあり
毎日の生活には薪や炭がかかせませんでした
どころが石油の使用が増えるに従い
森は荒れていくのと同時にお金は海外へ流出していきました
現在、日本では毎年4tトラックで60万台分(2000万㎥)の 木が捨てられています
これをペレットストーブに使うと、 なんと、毎年500万台分の燃料となります
ペレットストーブが普及すれば燃料となる「木質ペレット」 の消費が増える
地域の木材を使って燃料の加工・運搬を行うので雇用は地域で発生します
さらに地域の資源を地域で消費する「エネルギーの地産地消」が実現します!

 

ショールームの紹介

ペレットステーション福山

            所在地|広島県福山市鞆町後地26-125
                (株式会社サンモルト内に併設)
            連絡先|084-982-3000
                info@sunmalt.jp
           営業時間|9時~17時30分
            定休日|日曜、祝日、第4土曜日

 
ショールームのご見学を希望さる方は
事前にご連絡いただけるとスムーズです。